【鉄道】2020/07/16 小田急5000形(5053F)甲種輸送(逗子)【新車】

2020年7月18日

この記事は約 1 分で読めます。

2020年7月16日小田急電鉄の新型電車5000形10両編成が神奈川県横浜市の総合車両製作所(J-TREC)より出場し甲種輸送されました。5000形車両の運転台は非貫通形となっており地下鉄千代田線への乗り入れは行われず小田急線内のみの運用となります。走行系機器は二重化されるなど信頼性の向上が図られています。

12年ぶりに新製された5000形は2019年に第一編成が出場し2020年3月26日より運用が開始されました。第一・第二編成は川崎重工業で製造され、今回の第三編成はJ-TRECで製造されました。今年度は5編成が製造されるそうです。

京急神武寺駅横の米軍池子線の留置線にて出場を待つ小田急5000形です。

10号車 5053
9号車 5003
8号車 5103
7号車 5153
6号車 5253
5号車 5203
4号車 5303
3号車 5353
2号車 5403
1号車 5453

今日の牽引はDE10 1662号機でした。神武寺に向かいます。
小田急5000形を引き連れ戻ってきました
小田急5000形(新宿方)
小田急5000形(小田原・藤沢方) 
逗子駅付近
小田急5000形
小田急5000形とE217系

お越しいただきありがとうございます。当ブログは鉄道コム ブログに参加しています。

鉄道コム