【鉄道】2015/07/25 JR東日本E353系出場

E353系
スポンサーリンク

この記事は約 2 分で読めます。

中央本線の特急電車E257系置き換え用のE353系の量産先行車が横浜市金沢区の総合車両製作所(J-TREC)より出場し、京急逗子線神武寺駅横の米軍池子線に留置されています。(8:30現在)
E353系は、9+3両の計12両編成で、分割併合運用が可能となっています。短い3両については、富士急行線内への乗り入れも予定されています。この車両は空気ばね式の車体傾斜機構が従来の振り子式よりも優れているため乗り心地の向上やスピードアップが期待されます。車内についても全席に電源コンセントや一部に大きな荷物を置けるスペースが設置され乗客サービス向上も行われています。
 
 
E353系と京急新1000形との並び
 
 
機関車次位となる先頭車にはシートが被せてあるので
逗子からは試運転ではなく甲種扱いのようですね
 

12号車クハE352-1      11号車モハE352-1

10号車モハE353-1       9号車サロE353-1(グリーン車)

 
 

8号車サハE353-1       7号車モハE353-2001

 

6号車モハE352-501      5号車モハE353-501

 

4号車クハE353-1と3号車

 
 

先頭車同士の連結部

 

3号車クモハE352-1(0.5M)  2号車モハE353-1001   1号車クモハE353-1(0.5M)

 

1号車



1号車

 


(15:30追記)
DE10 1666号機の送り込み
写真右方京急逗子線神武寺駅方面に向かいます
 

県道をゆっくりとした速度で通過します

写真左方JR逗子駅方面に向かいます
 

防汚シートで覆われています

 
 

基本編成と増結編成の連結部

 
 
 
 
 

2015/09/07車種名追記

コメント

タイトルとURLをコピーしました