【鉄道】2021/01/12 静岡鉄道A3000形(A3009・A3010編成)甲種輸送(逗子)

2021年2月13日

この記事は約 2 分で読めます。

2021年1月12日静岡鉄道A3000形(A3009編成とA3010編成)が神奈川県横浜市の総合車両製作所横浜事業所より出場し甲種輸送されました。逗子から新鶴見信号場まではDE10 1666号機の牽引でした。

京急新1000形との並び

京急神武寺駅付近で輸送を待つA3000形。

A3000形は静岡鉄道清水線(新静岡ー新清水間11km)で運用されており、既存の1000形を置き換える目的で導入されました。先頭部のみ踏切事故対策として普通鋼製で強化され、側面は軽量ステンレス車体となっています。全長は18m。車内はオールロングシート3ドアです。ドア上の一部に液晶ディスプレイのデジタルサイネージが設置されています。

shizuoka rainbow trainsとして7色全てが揃っています。(2018年度に出場したA3006・A3506は無塗色の全面広告ラッピング車です)今回の第9・第10編成はラッピングがない状態での出場となりました。

A3509(Tc)
3009編成と3010編成
A3510(Tc)
A3010(Mc)
先頭と最後尾は白いカバーで養生されています
今日の牽引はDE10 1666号機

過去の静岡鉄道甲種輸送の様子

お越しいただきありがとうございます。当ブログは鉄道コム ブログに参加しています。

鉄道コム

静岡鉄道

Posted by とむ