【鉄道】米軍池子線 その1

横須賀線
スポンサーリンク

この記事は約 5 分で読めます。

このブログでたびたび記載している「米軍池子線」の表記。JR横須賀線逗子駅と京急逗子線神武寺駅間の短絡線の線路上にこの表示があります。総合車両製作所(旧 東急車輛横浜製作所)を出入りする車両が往来するこの線路、改めて観察してみました。

 

横須賀線逗子駅について
上り本線(1番線)、中線(2番線)、下り本線(3番線)の2面3線とホームの無い下り1番線の計4線あります。
 
通常旅客扱いの上り列車は1番線。日中の逗子ー久里浜間の4両編成は2番線。下り列車は3番線もしくは2番線(日中の逗子止まりでは1番線)を使用しています。
 
 
逗子駅1番線に入線する上り電車
左端が総合車両製作所方面とつながる線路
 
下り方面3線とも出発信号機に入換信号機が併設されています
 
 
3番線の東側にあるホームの無い線路では総合車両製作所の入出場の車両の他に各地から鎌倉への臨時列車の一時的な退避が行われています。
 
 
 

横須賀線逗子駅下り横須賀・久里浜方面の線路配線
配線図
 
逗子駅の久里浜方にある金沢新道踏切にある歩道橋から
 
右端は電留線から出線する上り増結車両(4両編成)が待機する線路。
 
右から2番目の線路が上り本線で東京方面行きの11両編成が到着後に右端の電留線から出線した増結車両が逗子駅構内で連結されます。
 
右から3番目の線路は下り15両編成から解結された増結車両(4両編成)が右端の電留線に入線する際に通る線路。4両編成分の長さがあり、上り電車が接近している場合はここで待機します。
 
右から4番目の線路は横須賀・久里浜方面の下り本線。少し先で右側に転線するため、加速は抑えられています。
 
右から5,6番目の線路が米軍池子線に繋がる線路。これも右側に転線します。
 
 

手前のポイントは下り本線に合流し横須賀・久里浜方面に接続。
奥のポイントは総合車両製作所へ出入りする際に機関車付け替えでができるヤード。
歩道橋より
 
 

金沢新道踏切から

 
以前はEF65型電気機関車とDE10,11型ディーゼル機関車がリレー運行となっていたため、このような配線になっているものと思われます。過去には車掌車ヨ8000が留置されていたこともあります。
 
左から3番目の下り本線も米軍池子線に接続されていますが
使われていないようです
 

入換えヤード
左2線には入換標識が設置されています。
このことから下り本線から直接米軍池子線に入線することは無い様です。
 
金沢新道踏切の歩道橋の別の角度から
「機折」の標識もあります
 
レールの間にも「機折」標識があります

 

 
米軍池子線に繋がる2線の入換標識
 
 
神武寺へ車両を迎えに行く際はヤード端で一旦停止します
指令所に有線電話で進行許可をとります
 

進行許可がおりると入換標識が開通の表示になります

 

総合車両製作所から出場時に一旦停車する入換信号

ATS Pの投入を喚起する標識があります
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました