【鉄道】2020/04/21JR東日本横須賀線・総武快速線E235系甲種輸送(逗子)

E235系
スポンサーリンク

この記事は約 2 分で読めます。

2020年4月21日JR東日本横須賀線・総武快速線のE235系グリーン車2両が神奈川県横浜市の総合車両製作所から出場し、新潟市の総合車両製作所新津事業所へ甲種輸送されました。今後同所で製作されている普通車と組成のうえ試運転を行い、再び甲種輸送により鎌倉車両センターへ配属されるものと思われます。

2020/04/21JR東日本 横須賀線・総武快速線E235系グリーン車J-TREC出場 甲種輸送(逗子)【新車】

横須賀線・総武快速線では26年ぶりの新製車で、山手線と同形式のE235系です。今回出場するグリーン車はE235系の新系列車両のサロE235およびサロE234で、普通列車グリーン車では初となる、各座席へのコンセント整備、無料公衆無線LANサー ビスの提供、液晶ディスプレイ(LCD)の案内画面の設置が行われています。

まずは京急神武寺駅付近の様子。

出入り口ドア横に半自動ドアスイッチが取り付けられています。

5号車のサロE235-1001、トイレと洗面所があります。

4号車のサロE234-1001、乗務員室があります。

京急新1000形 特急羽田空港第1・第2ターミナルゆき

京急新1000形 普通逗子・葉山ゆき

京急神武寺ーJR逗子駅間の様子。

今日の牽引はDD200-6号機。

5号車サロE235-1001。

4号車サロE234-1001。

JR逗子駅付近。

5号車サロE235-1001。

4号車サロE234-1001。

山手線の先頭形状は賛否がありますが、早く新型車両に乗ってみたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました