【鉄道】2021/11/04 しなの鉄道SR1系(S301・S302・303編成)甲種輸送(逗子)

この記事は約 2 分で読めます。

2021年11月4日しなの鉄道SR1系300番台(S301・S302・S303の2両3編成)が神奈川県横浜市の総合車両製作所(J-TREC)横浜事業所より出場し甲種輸送されました。逗子から新鶴見信号場まではDE10 1666号機の牽引でした。

京急逗子線神武寺駅横に留置中のしなの鉄道SR1系300番台車両

しなの鉄道では、旧信越本線時代から運用されていた115系の老朽化置き換えとして、JR東日本のE129系をベースにしたSR1系の導入が進められています。既に座席がロングシートとクロスシートが転換できる有料快速用の100番台が運用されていますが、2021年3月のダイヤ改正にて普通車タイプの200番台が登場しました。今回の300番台車両も普通車タイプでトイレが設置され、座席はセミクロスシートでクロスシート部分は115系と比較してシートピッチが拡大されています。200番台とは霜取用パンタグラフが設置されていない点が外観上の大きな違いのようです。

今年の「しなの鉄道SR1系200番台」甲種輸送の様子
【鉄道】2021/01/21 しなの鉄道SR1系(S201・S202編成)甲種輸送(逗子)
【鉄道】2021/02/18 しなの鉄道SR1系(S203・S204編成)甲種輸送(逗子)

クモハSR111-301
クモハSR112-301
クモハSR111-303
クモハSR112-303
クモハSR111-302
クモハSR112-302
クモハSR112-302

今日の牽引はDE10 1666号機。
京急逗子線神武寺駅横に留置中のSR1系を迎えに行きます。

SR1系を牽引して戻ってきました。

機関車次位は白い養生シートで覆われています。

しなの鉄道のロゴ

運転台同士の連結部分

最後尾は養生シートは施されていませんでした。

お越しいただきありがとうございます。当ブログは鉄道コム ブログに参加しています。

鉄道コム