【鉄道】2021/10/26 東急5080系(中間車10両)甲種輸送(逗子)

この記事は約 1 分で読めます。

2021年10月26日 東急5080系中間増備車10両が神奈川県横浜市の総合車両製作所(J-TREC)横浜事業所から出場しました。

逗子-新鶴見信号場間の牽引はDE10 1666号機でした。

今回出場した5080系中間車は、
5584ー5484(5184F)+5586ー5486(5186F)+5589−6301(5189F)+5590−6302(5190F)+5587−5487(5187F)の順番で連結されていました。

相鉄線直通にあたって8両化される予定とのことでの増備で新造された車両のほか一部6000系から改造した車両も出場しました。台車や床下機器が新品でないことがわかります。

また、最近の東急の新製車は社紋が「TOKYU RAILWAYS」なのに対して6301と6302については6000系当時のまま「TOKYU CORPORATION」となっています。

お越しいただきありがとうございます。当ブログは鉄道コム ブログに参加しています。

鉄道コム