【鉄道】2020/12/01JR東日本横須賀線・総武快速線E235系1000番台甲種輸送(逗子)

スポンサーリンク

この記事は約 1 分で読めます。

2020年12月1日JR東日本横須賀線・総武快速線のE235系グリーン車2編成分4両が神奈川県横浜市の総合車両製作所から出場し、新潟市の総合車両製作所新津事業所へ甲種輸送されました。逗子から新鶴見信号場まではDE10 1666号機による牽引となったようです。

今後同所で製作されている普通車と11両編成に組成のうえ試運転を行い、再び甲種輸送により鎌倉車両センターへ配属されます。

E235系1000番台車両は2020年12月21日より横須賀・総武快速線で運用が開始される予定となっています。

既に鎌倉車両センターに配属された編成は日々試運転を繰り返しています。下の写真は数日前に大船駅で撮影したものです。

撮影はできていないのですが、日中に逗子駅南側の電留線で4両付属編成の入線試験が行われているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました