【鉄道】2021/03/02 JR東日本横須賀・総武快速線E235系グリーン車4両(F-10・F-11編成)甲種輸送(逗子)

この記事は約 2 分で読めます。

2021年3月2日JR東日本横須賀線・総武快速線のE235系グリーン車2編成分4両が神奈川県横浜市の総合車両製作所から出場し、新潟市の総合車両製作所新津事業所へ甲種輸送されました。逗子から新鶴見信号場まではDE10 1666号機による牽引でした。

今後同所で製作されている普通車と11両編成に組成のうえ試運転を行い、JR東日本の機関車による配給輸送により鎌倉車両センターへ配属されます。早いもので11編成目となり全体の5分の1の出場となります。

まずは、早朝の神武寺駅付近。荒天で霞んでいます。突然来る土砂降りでびしょ濡れになりました。

土砂降りの中の撮影のため、端が切れてしまいました。

サロE235-1010
サロE234-1010
サロE2351011
サロE234-1011

輸送開始の時間になると時折晴れ間も見えましたが、ザッと土砂降りになったりで変な天気でした。

今日の牽引はDE10 1666号機でした。

荒天のためか円形の赤色反射板ではなく赤色灯が備え付けられていました。

お越しいただきありがとうございます。当ブログは鉄道コム ブログに参加しています。

鉄道コム