【鉄道】横須賀線E235系(普通車編)

2021年2月26日

この記事は約 2 分で読めます。

2020年12月21日より運行を開始した横須賀・総武快速線E235系電車。既に乗られた方も多いかと思いますが、普通車車内の様子を見て回りましたのでご覧ください。

まずは、外観から。帯色は新車ということもあって鮮やかですね。青とクリーム色の配色のバランスもE217系と異ります。

窓ガラスはE217系と異なり青っぽい色ですね。

行き先表示器はフルカラーLEDです。

普通席の網棚の上には3枚の液晶ディスプレイが設置され、デジタルサイネージになっています。

優先席の様子です。床面のシートが赤く強調されています。

車椅子対応のトイレです。明るい雰囲気ですね。

3枚ある液晶ディスプレイは同じ広告主のものが流れますが、中央だけ異なったものを流すなど凝った広告が流れています。

座席の端にはドア横に立たれても干渉しない仕切り板が頭の横までくるような設計になっています。

ドア上の液晶ディスプレイは2枚あって停車駅や運転状況に関する案内とニュースや天気予報が表示されています。

車端部にも液晶ディスプレイがあり、広告が流れています。

横須賀・総武快速線で初めて採用されたドアスイッチです。久里浜駅での折り返し待ちで使用されています。

お越しいただきありがとうございます。当ブログは鉄道コム ブログに参加しています。

鉄道コム

E235系

Posted by とむ