【鉄道】米軍池子線その4

横須賀線
スポンサーリンク

この記事は約 3 分で読めます。

このブログでたびたび記載している「米軍池子線」の表記。JR横須賀線逗子駅と京急逗子線神武寺駅間の短絡線の線路上にこの表示があります。総合車両製作所(旧 東急車輛横浜製作所)を出入りする車両が往来するこの線路、改めて観察してみました。


今回は米軍池子家族住宅の出入口にある踏切から神武寺駅方向に向かいます。
 

米軍家族住宅出入口の踏切

遮断機は手前2線の京急線用なので閉まりません
 

米軍家族住宅の出入口の京急線の踏切を越えた側から留置線を見る

出場待ちのE259系
機関車折り返し用の分岐器があります
 
踏切横から神武寺駅までの公道上から
出場待ちの横浜線E233系
 
神武寺駅新逗子方上りホームから
待避線奥側は右端で終端となっています
東急5050系3両目あたりに渡り線の分岐器があります
手前には京急との境界杭があります
 

神武寺駅構内品川寄りに米軍家族住宅専用の改札口があります

 

米軍池子線から京急逗子線の上り線と合流する部分

以前は3灯式の出発信号機がありましたが
現在は特殊な表示器が設置されています
 

京急逗子線と合流する米軍池子線からの狭軌線路

金沢八景駅先の総合車両製作所まで3線軌条となっています
狭軌のみの分岐器です
 

 
米軍池子線を離れて京急逗子線六浦駅手前、総合車両製作所の入出場に関連する設備ですが、六浦駅上りホームと京急線車両の間が開いていました。
 
これは上り方向に見た際に、左側のレールが京急線の標準軌(1435mm)と狭軌(1067mm)の共用していたため車両限界から間を開けざるを得ませんでした。
 
この問題を解消するために、六浦駅の前後に「移線分岐器」という大変珍しい分岐器が設置されています。
 
六浦駅手前の分岐器で狭軌車両が右側に移線します
 
六浦駅出発後再び分岐器があり狭軌車両は左側に移線します

 

 

TOPページに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました