【鉄道】京急の方向幕置き場製作

鉄道
スポンサーリンク

この記事は約 2 分で読めます。


京急ファミリー鉄道フェスタ2014と2015で購入した方向幕。置き場所に困っていたため収納棚を製作する事にしました。元々は書籍を置くスペースにしようと考えていました。

寸法を測ると、800形側面方向幕は高さ350mm、幅950mm。新1000形前面方向幕は高さ300mm、幅700mm、奥行き200mmが必要でした。重量もそれなりにあるので既成のメタルラックなどを検討したのですが、奥行きが200mmで幅が1000mm近い製品は見つからなかったので自作する事にしました。

設置スペースは天井裏のこのスペース
手前(左側)が狭く奥行きがあまり取れません

ホームセンターで幅1200mm、奥行200mmの集成材を5枚購入。
板が薄く1200mmもあるとたわむので、前面方向幕を乗せる下から2段目は中央付近に角材を挟み込んでいます。

上吊りの模型スペースは今後増設予定
棚の右側を高くしているのは転倒防止のために
上部吊り棚に接合するため

800形の側面方向幕は幅もあり重いため下段に置く事に。

取り敢えず収めてみました
簡易コントローラーを壁付けにします


パネルを付けた際、上部に上段の棚が合うようにしました

今回簡易コントローラーへの配線も隠蔽して壁付けにする事に。天井裏の耐震梁の間に配線をします。※作業にあたっては電気工事士の資格が必要です。

絶縁ボックスを取り付け


指令は3系統に
上が新1000形の前面方向幕用
下が800形の側面方向幕用のスイッチ(種別・行先)

方向幕とスイッチ(右端)の位置関係はこんな感じ

新1000形の模型と実物の方向幕

最上段は模型の設置スペース

下段方向幕は800形なのでWing号の表示はありません


ありえない表示を・・・





コメント

タイトルとURLをコピーしました